ライフシフトする本100冊

自分の時間を取り戻そう!自分らしく生きるために。超時間術

超時間術

自分の時間を取り戻そう!自分らしく生きるために。

時間とは何か?それは。

時間とは=命なのだ。限られた命をどう自分のために使うか?
納得できる「自分らしい人生を描けるか?
時間を自分のものにするために、超時間術。この本を手にとった。

人生100年時代だ。

タイトルにある「週40時間の自由」がつくれれば、1年に2,240時間。
私の場合、あと46年生きるなら103,040時間。約12年。
その時間が自分だけの時間となる。
ダラダラ生きるのではなく、自分で舵をとり「生き抜いてやろう」と思う。

時間に関する勘違い

超時間術は時間にまつわる勘違いを指摘するところからはじまる。
物理的なもの、やるべきタスク、忙しいからまぁいいだろうという妥協。
その考え方や行動全てを見直せということ。

折り合いをつける

総じて言えば、「計画を細かく区切って自分との折り合いをつけろ」ということだ。
机の上が散乱し、人の言われたことを最優先。
結局、今日は何だったのかわからない。
今で言う、チコちゃんの「ボーーーッと生きてんじゃないよ!!」。あれである。

時間汚染

文中には「時間汚染」を防げとある。
忙しいという錯覚を捨て、落ち着いて自分の決めた時間内に「行動」するのだ。
焦ったり慌てたりする必要はない。

この本の一番、伝えたかったこと。
「究極の成功とは自分のやりたいことをするための時間を自分にあたえることである」
やり方さえわかれば、人生の中での時間汚染は解決できるのだ。

ABOUT ME
凪さん
50歳の折り返しライフシフトデザイナー/新規事業開発 / Webプロデューサー兼ディレクター /フォトグラファー 「50歳オーバーの働く人をクリエイティブで元気にする」 「人生100年時代」の人生を折り返す50代。「ミドルの生き方・働き方」を支援することをライフワークとして活動しています。